etarabi のすべての投稿

【絶対ダメ!】乾燥肌の人がやってはいけないスキンケア方法

洗いすぎは厳禁
乾燥肌の方の多くは肌の保湿ができず、肌の水分が失われる事で起こる現象です。

肌に多くの水分を与えてあげるという点では正解なのですが、そのために素肌を綺麗に保たなければという事で、
念入りに普段から肌を洗ってしまっているという方が多くいらっしゃいます。

毎日しっかりと素肌を洗っているのに肌トラブルが解消しないという悩みがある方は、
洗いすぎによって余計に乾燥肌を悪化させてしまい、肌トラブルが解消しないのかもしれません。

まずはたっぷりの泡で十分に濡れた肌に優しく泡を乗せて、古い角質や皮脂をゴシゴシと洗い落とすというのではなく、肌の表面をなでるように泡を動かし、泡で汚れを包むという感覚で洗ってみてはいかがでしょう。

表面の汚れだけを取るので、必要な皮脂は素肌に残り、自分の皮脂によって肌が潤いを取り戻し、乾燥肌が解消されていきます。

色々なボディーソープや保湿を試したけれどなかなか肌が改善されないとお悩みの方は、
今日から素肌の洗い方に重点を置いて洗いすぎに注意して洗ってみる事で、肌本来の潤いと美しさを手に入れることができるのではないでしょうか。

洗い方だけではなく、洗う為の素材にも気をつけて、肌に負担をかけてしまうナイロンタオルなどでゴシゴシと素肌を洗うのではなく、肌に負担の少ないタオルや自然素材のものを使って沢山の泡で優しく洗うことを心がける事が大切になってきます。

石油系ボディソープに要注意
乾燥肌でお悩みの方が気を付けたいポイントの一つが、ボディソープの種類です。

今では様々なメーカーから様々な種類のボディソープが販売されていますが、その成分に着目してほしいのです。
必要のない皮脂や汚れを取るためには、毎日体を洗い清潔に保つという事が大切なのですが、その成分の中に肌に悪い成分が含まれていては、せっかく清潔に保ち乾燥肌を解消したいと考えていても無駄になってしまいます。

界面活性剤という言葉を洗剤などのCMなどでも耳にしたという方も多くいらっしゃると思いますが、
界面活性剤というのは乾燥肌の人にとっては非常に有効な成分で、本来混ざる事のない油分と水分が長時間安定して維持することのできる成分で、決して体に悪い成分ではありません。

しかし、界面活性剤の中でも石油系界面活性剤に関しては肌トラブルの原因となる要因があるとされています。

洗剤で手や顔や体を洗った際に、流してもぬめりが取れないといった原因は石油系界面活性剤の仕業と言えます。
そういったぬめりが残る事で、肌トラブルの原因となり、その他にも肌のバリア機能を低下させてしまったり、タンパク質を変質させたりしてしまうという危険性があります。
ボディソープなどを購入する際には記載の表記をしっかりと確認して、肌に悪い成分が入っていないかという事を確認して購入するという事をお勧めします。

肌に優しい成分を使うという事も、自身の肌を健康に保つポイントと言えます。

入浴後にお肌を放置しない
乾燥肌の方にとってお風呂は潤いを与えてくるもの。
日々の汚れを取り除いてくれ、悩みである肌トラブルを忘れさせてくれます。

ですが、あまり長く浴槽につかってしまうと、肌がふやけてしまい一時的に肌バリア機能が低下してしまいます。
これにより外部から汚れがや雑菌が浸透しやすい状態になったり、肌の内部にある水分を保つ働きをしているという成分のセラミドなどが、必要以上に流出してしまうという事で肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので要注意です。

それに何と言っても乾燥肌の方はお風呂から出た入浴後のケアが一番大切になってきます。

お風呂上りというのは肌にまだ水分が残っていて肌がしっとりしているものですが、10分も経過すると入浴前の肌と同じレベルまですぐに保湿力がさがってしまいます。
ついつい髪を入浴後そのまま髪を乾かしてしまったり、ゆっくりとしてしまうという方は要注意です。

入浴後は浴室にてまずは保湿する為に、セラミドなどの保湿成分が含まれている化粧水を湯気のある浴室で塗るという事が肌の乾燥を防ぐポイントです。

浴室内に肌にうるおいを与える化粧水や乳液、スペシャルケアを行う為のボディオイルなどを持ち込んで入浴をし、浴槽から出たまだ水気が肌にある状態でボディケアを行うというのもオススメ。
こうしたことが美肌へ導いてくれるポイントと鍵になるのです。

今日から始められる簡単なポイントばかりなので是非チャレンジして美しくつるつるの美肌を手にいれてみてはいかがでしょうか♪出典

筋力低下にご用心。サルコペニア肥満の恐怖

このサイトでは、ファッションから美容、健康、ダイエットなど「いい男」の作り方をご紹介しています。
しかし、人生を楽しむにも、自分に自信を持つにも、女性にモテるにも、
まずは何より大切なのは「健康」ではないでしょうか?

体を鍛えて筋肉をつけ、かっこいい身体になることは、
なにも女性にモテるに為だけにするのではありません。
体を鍛えて筋肉をつけることは、健康につながります。
逆に運動不足に陥り、筋肉が衰えてしまった結果に何が起こるのか?
今回は「メタボよりも恐ろしい」と言われる”サルコペニア肥満”についてご紹介します。

糖尿病のリスク
先日、ヤフーニュースで糖尿病に関する記事が取り上げられていました。

「10人に1人が糖尿病になる時代」と言われて久しい。生活習慣病の一つとして網膜症や腎症などの合併症を併発することはよく知られるが、「糖尿病には“下肢切断”のリスクがある」と警鐘を鳴らすのは「足の診療所」の桑原靖医師だ。
「糖尿病の合併症の中で、足についてのリスクは世間であまり知られていません。視力の低下と腎機能障害は有名なんですが、足の神経障害はほとんど知られていないです。神経障害になると、画びょうを踏んでも痛みを感じない足になります。たこができても痛くないし、靴に石ころが入っても痛くないし、とにかくリスクが大きいんです」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151217-00966633-sspa-soci

「糖尿病になったら脚を切らなきゃいけない」と昔はよく言われましたが、現代においても糖尿病で脚を失う人は、地雷で足を失う人より多いという衝撃の事実があるのです。
糖尿病といえば、日々の不摂生、肥満の人がなる病気と思われがちですが、実は最近はそうでもなくなっているんです。

肥満というと「メタボ」を連想しますが、実は日本では30代以降の女性を中心に「サルコペニア肥満」が急増しているのです。
サルコペニアとはラテン語で「筋肉減少」を意味し、筋肉が脂肪に置き換わる「かくれ肥満」の事。
その原因は言うまでもなく、運動不足と過度な食事制限による間違ったダイエットです。
既に、現代の日本人女性の平均摂取カロリーは、終戦直後の極貧期を下回っているとの報告があり、これに運動不足も加われば筋肉減少は避けられません
サルコペニア肥満は、筋肉が減少して脂肪に置き換わる分、メタボほど見た目に気が付きにくいのですが、健康への危険度ではメタボより高いと言われています。

筋肉は糖を燃焼させて熱を生み出す器官であり、この機能が低下すれば熱が足りずに冷え性となり、糖が余って脂肪になるのは必然です。
これによって、見た目は太っていないのに、筋肉不足によって余った糖を代謝できなくなり、糖尿病を発症する人が増えているのです。
糖尿病の合併症は腎臓病、視力低下、足の神経麻痺など様々。
とても恐ろしい病気です。

そしてこのサルコペニア肥満は、女性だけでなく男性でも50代以降はかなり増えているのです。
日々の運動不足、老化によって一度低下した筋力はハードなトレーニングをしないと取り戻せないことが、筋力低下に拍車をかけます。

これを防ぐ手段はただ一つ。
筋トレしかありません。

筋肉を増やすには、体の中の大きな筋肉を鍛えるのが効率的。
大きな筋肉を刺激できる、スクワット、デッドリフト、ベンチプレスなどを定期的に行いましょう。
年をとって「筋トレするための筋肉」も衰えてしまってからでは、これらの筋トレはかなり難しくなります。
まだまだ動けるうちから、しっかり筋肉を鍛えて維持しておきましょう!最安値情報はこちら。